鳩は駆除してしまいましょう|害獣被害と戦う日々

女性作業員

スズメバチは早急に駆除を

2人の男性

スズメバチは、攻撃性があり毒を持っていることから刺されると危険な状態になってしまいます。夏にかけて巣を作る傾向があるので、スズメバチを頻繁に見たり巣を発見することも増えてきます。そういうときは、放置せずにスズメバチ駆除を行ってくれる業者に依頼することが安全です。

詳細へ

凶暴なハチ

住宅

スズメバチ駆除の方法で人気なのは業者に依頼する方法や自分で殺虫剤などで駆除する方法があります。後者の方法を取る場合は十分に安全に配慮した上で注意を怠らないようにしましょう。また、スズメバチに対する知識も重要です。

詳細へ

安全に確実に駆除するため

3人の作業員

スズメバチ駆除の際には、専用の防護服を購入したりレンタルしたりすることもできます。作業は、働きハチが巣に戻ってきた夕暮れ時以降におこないます。まずは殺虫剤を散布して弱らせてから、巣ごと袋詰めにします。そしてさらに散布して、再度の巣作りを防ぐのです。

詳細へ

身近な動物の意外な害

ハト

鳩は身近な動物ですが、意外にも害獣としての側面もあります。代表的なのは糞の害です。鳩は人家の屋根裏や軒先などに巣を作ることが多く、一度巣を決めると毎回同じ場所で糞をするという習性があります。そのため、自宅が鳩の巣として使われてしまうと、糞による臭いや、病気、アレルギー、住宅の腐食や錆などの被害が生じてしまいます。また、屋根裏に住み着かれると足音や鳴き声などの害も発生します。一度住み着かれると駆除は大変なので、その前に対策をたてるのが非常に重要です。鳩は、巣を作る前に何回かベランダの手すりや屋根などにとまって様子を観察するという習性があります。そのため、駆除するには手すりや屋根などに鳩がとまらないようにする対策が有効です。

鳩対策には、糞をこまめに片づけるというのも重要です。糞が多いということは、そこで落ち着いて糞を出来る場所として認識しはじめているということを示しています。こまめに糞を片づけることが有効な対策になります。その際は、糞の中の病原菌やアレルギー物質により汚染されないように、十分な対策をとることが重要です。基本的に、マスクと手袋は必ず着用しましょう。そして、片づけるときに使う器具はもったいなくても使い捨てにしましょう。使い回すと、そこについている病原菌がばらまかれるおそれがあります。こまめに掃除して、常にきれいな状態にしておくと、鳩はそこを慣れた場所とは認識しなくなるため近寄らなくなります。被害を最小限にするためにも、早めの対策が肝心です。