鳩は駆除してしまいましょう|害獣被害と戦う日々

男性女性

安全に確実に駆除するため

3人の作業員

身を守ることが大事

スズメバチ駆除は、刺されないように気をつけておこなうことが大事です。スズメバチは、ハチの中でも特に攻撃的で、巣の近くを横切るだけでも、襲い掛かってくることがあるのです。したがってスズメバチ駆除のために巣に手を出そうとすると、強く反撃される可能性が高いです。そのためスズメバチ駆除は、まずは身を守るために衣服をしっかりと着用することから始めます。隙間からスズメバチが入り込んでこないように、袖口や襟元なども閉じておく必要がありますし、もちろん頭もヘルメットなどで全体的に覆います。スズメバチ駆除専用の防護服も販売されているので、それを購入するのもひとつの手です。また、自治体などからレンタルすることも可能となっています。

駆除作業は夜間に

スズメバチのうち、働きバチは昼間はエサの調達のために、巣から出ています。したがってスズメバチ駆除は、その働きバチが巣に戻ってくる夕暮れ時以降におこなうと、効果的です。具体的には、まずは巣全体に殺虫剤を散布して、スズメバチを弱らせます。その上で、巣を棒などで落とし、袋詰めにするのです。夕暮れ時以降はスズメバチはおとなしくなりますし、しかも殺虫剤で弱っているので、あまり攻撃をしてきません。また、昼間にスズメバチ駆除をおこなうと、後から殺虫剤で弱っていない元気なスズメバチが戻ってくるのですが、それも防がれるのです。巣を除去した後は、巣があった場所に追加で殺虫剤を散布すると、新しい巣が作られる可能性が下がります。